本文へスキップ

収納物に適したトランクルームとは?

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

収納物に適したトランクルームとは?

収納スペースの限られた住宅事情を抱える日本において、トランクルームを利用して様々な収納物を保管するビジネスは大変注目を集めています。収納物は様々でトランクルームの広さや立地場所によってもその傾向は変わってきます。収容物の内容をある程度予想して顧客のニーズに応じたトランクルームを展開することで、空室を少なくし、より多くの利回りが期待できます。物置の延長線として家に収まりきらない収納物を収納するために利用したいと思う顧客がほとんどであればトランクルーム自体の機能はあまり必要ないかもしれませんが、もしも収納物に特化したトランクルームで収益を上げたいのであればそれなりの設備が必要となります。

例えば、本をメインの収納物とする場合、湿気の多い環境では本を傷めてしまいます。大切な本をいつでも気持ちよく読める状態にしておくには除湿にこだわったトランクルームにすることが必要でしょう。同じように収納物が衣服の場合も湿気を除去するのは不可欠といえるでしょう。また収納物がワインというニーズもあります。自宅にはワインを適切に管理できる環境が整いにくいために、ワインの保管庫としてトランクルームを利用したいという顧客もいます。その場合は適切な温度管理ができるような空調システムが必要となるでしょう。

トランクルームを広くすることで、絵画やバイク、楽器などといった大きな収納物にも対応することができます。また、スキーやスノーボードといった季節によってオフシーズンがあるスポーツ用品の保管にも重宝するでしょう。もし、そのような収容物に特化したトランクルームを運用したいのであれば、比較的広いスペースが必要となりますし、場合によってはそれらを使う場所に近いところにトランクルームを設置したほうが集客できるかもしれません。

トランクルームをただ貸し出すだけでなく、収納物に特化したトランクルームを提供することでライバルとの差別化を図ることができます。どのような収納物が多いかは地域によっても変わってくるでしょう。まずはどのような顧客をターゲットにするのかその方向性を決めてからトランクルームの設置場所などを決めていった方が計画的な運用ができるかもしれません。この先トランクルームの認知度や必要性は拡大していくと予想されます。今後ますます需要が拡大していくと見込まれるトランクルーム投資で、長期的に安定した収入を目指しましょう。

information新着情報

2017年01月19日
ホームページを更新しました。